.
◆◆ CARMATE TE-W1900(W7200) インプレッション ◆◆

.

前使用の【コムテック A-114LW】の動作異常に伴い【カーメイト TE-W1900】へと変更し、使用してみた率直な感想を A-114LWとの比較を中心にまとめてみました。

.
1.送受信感度
前使用のCOMTEC A-114LWとの同条件下での比較に於いて、受信感度はかなり劣ります。メーカー公称の通信距離から受ける好印象はありません。

2.操作性
エンジンスタート、ドアロック共に操作性は極めて良好。クランキングタイム等のセットアップはリモコンの液晶表示を確認しながら行えるので確実。COMTECと比較すると操作性はかなり良い。

3.送受信確認
ビープ音が小さく、耳を澄ますか液晶表示を注視しておかなければならず使い勝手が悪い。音量調整機能なし。COMTEC A-114LWは液晶表示がないもののビープ音が大きく、ポケットの中での操作でも状況判別が容易だった。

4.乗車時
リモスタでエンジン始動にて車輌に乗り込み、キー操作で【OFF→ACC→IG2】としてもDレンジ等にシフトしない限りリモスタ機能は解除とならず、本体ユニットからのビープ音が鳴り止まないのでキーポジションを把握 し辛い。COMTEC A-114LWは【OFF→ACC→IG2】でリモスタ機能解除と共にビープ音は鳴り止むので、キーポジションの判別が容易だった。

5.ドアロック機能
COMTEC A-114LWに搭載されていた、【リモコンでドアロック解除後、30秒間ドアの開閉がなければ自動ロック】される安全機能が付加されていない。

6.クランキングタイム設定
設定は0.5秒単位。COMTEC A-114LWは0.1秒単位だったので、始動ミスやセルモーターの引きずりを抑えてベターな状態に細かく合わすことが出来た。

7.本体ユニットの設置
アンテナ内蔵型の本体ユニットは、アンテナ部を配線やECU、ボディーなどから5cm以上離さなければならない制約があり、ハーネス長の関係もあって設置箇所がかなり制限される。COMTEC A-114LWはアンテナ別体式で本体設置箇所の自由度が高く、アンテナも感度優先で設置できた。

8.その他
NAエンジンのマイギャランでは不要ながら、COMTEC A-114LWにはターボタイマー機能も付加されてた。.


総評として、機能や性能面では残念ながら圧倒的に前使用のCOMTEC A-114LWに軍配が上がります。送受信器がアンテナレスなのはスッキリして良いが、肝心な送受信感度が犠牲になってるのなら・・・とか、実売価格もA-114LWのほぼ2倍なんだからもう少し機能面も・・・とか、色々と思う所があります。但し前使用のCOMTEC A-114LWはプログラム暴走で頻繁に誤動作が発生し信頼性に掛けていたので、それを考えると 、少々性能は劣っても誤動作なく安定動作してくれるTE-W1900の方が使ってて安心感があります。