ギャラン

◆◆ウォッシャーノズル交換手順◆◆

純正ウォッシャーノズル取り外し  

まずは純正ウォッシャーノズルの取り外しです。ボンネット裏側のサービスホールは小さくて指を入れて外そうとしても上手く力が掛からず、プラスチック製の内張外しを使い押し上げました。構造的には前後2箇所の爪で引っ掛かってるだけですが、かなり硬く嵌ってます。手を滑らせてボンネットを変形させないよう気を付けて下さい。

拡散ウォッシャーノズル取り付け

 

ゴムホースを引き抜き純正ノズルを取り外します。新しいノズルを装着する前に、ノズル装着部となるボンネット穴周辺の汚れを落とし磨いておきました。新しいノズルを差し込みボンネット裏から付属のナットで固定し、その後ノズルにゴムホースを繋ぎます。そしてゴムホース同志を繋いでいたジョイントは、実はワンウェイバルブというモノでした。新調したノズルに付属していて、初めてコレがワンウェイバルブであることを知り、同時にその構造と役割の素晴らしさを知りました。


折角なのでこちらも新しいモノに交換です。白が取り外した純正品で黒が今回付け替えた付属品。ゴムホースも付属してましたので、折角なので使いました。後々の脱着性を考慮してノズルからのホースは長めに採り、車輌側のホースをカット調整にて繋いでおきました。ノズルに差し込んだゴムホースは外径大となり、付属のナットを通さなくなるので、取り外しの際はホースを抜いてからナットを取り外すことになります。

噴射角度調整  

装着完了後は付属の専用調整具でノズルの角度を調整します。風圧の掛かる走行時と停止時では噴射する拡散範囲も上下角度もかなり変わるので、風圧の有無を考慮した調整が必要となります。