.

blog

■ ギャランオフ会

2020.02.22

なんとなく気が向いたので皆を緊急招集。久しぶりにギャランメンバーで集まってみた。ギャランの美しいノーマルフォルムに惚れ込んでるいつもの3人である。年明け早々に新年会で顔を合わせているが、ギャランを並べるのは何ヶ月ぶりだろう。雨の降る中、午前中から開催地へと向かった。

とにかく今日はめちゃくちゃ寒い。そんな中、熱くギャランを語り合った。情報交換や各車トラブル事情などなど。中でも悲惨な状況に見舞われてるのがよしかず号のドアの錆。最近気付いたと言う。確かに放っておけない状況だ。呑気号もヘッドからのオイル漏れがあったり、我がりきらり号もドラシャのグリス漏れや未確認のオイル漏れがあったりと。今やギャランの課題は末永い状態維持。外装イジって遊んでる場合ではないのだ。

なんやかんやで話は尽きることなく、気がつけば駐車場閉門の時間。あっと言う間の10時間であった。そしてよしかず氏から、とっても貴重な“ゴムパッキン付き”エアフルターを貰ってしまった。入手を諦めていただけに感謝感激なのだ。

■ 自動車保険の更新

2020.02.20

満期まで一ヶ月となりソニー損保にネットから継続更新。今年もまた松本幸四郎と内田有紀が続投なのか。ま、どうでも良いのだが。三菱の営業担当者から東京海上への加入を強く押されたが、保険料金が大きく開いてるので、申し訳ないが丁重にお断りさせて頂いた。様々な事項を確認しながら更新作業をしたのだが、ロードサービスの無料レッカーけん引距離が150kmから100kmにへつられていた。しかも保険料金はCM内容の無事故割引2,000円、併せてゴールド免許割引10%を適用させても30,640円。『安心を、もっと安く』を感じない。今回は走行距離による繰り越し割り引きはない。

■ 23年目に突入

2020.02.18

新車登録からなんやかんやで22年。
本日から23年目に突入!
惰性じゃないのよ、愛なのよ、必死なのよ。
状態も部品も年々ヤバくなってきてるが、
頑張れる所までは頑張ってみよう。

■ 大阪オートメッセ 2020

2020.02.16

今年で4年連続となってしまった。昨日行く予定していたのだが、連日のハードワークが祟り疲労困憊にて本日に延期。雨の降る中後輩のM氏を道中拾い、同行にて会場入り。クルマ好きの彼だがオートメッセは初めてだと言う。いつも利用する駐車場にぎゃらん君を駐め、ハイアットリージェンシーで開門時間を待ちインテックス大阪へ。現在世界的規模で蔓延しているコロナウィルス。国内でも感染者が急増している現状に於いてマスク着用は必須である。

チケットは事前にヤフオクにて少し安く仕入れたのだが、今回の出品者は難有り。3日経っても届かない。5日経っても届かない。そのクセ発送2日目から『届いてるなら連絡を、、、』としつこく催促。ちょっとムカついたんで、『まだ届いてない!いつまで待てば良いのか!』と、逆に問い詰めた。すると、『すいません、1度郵便局に問い合わせてみますすいませんご迷惑掛けますすいません。(コピペ)』と、雑な返事が返ってきた。中華的乱文だが出品者は名前からしても確実に日本人。ふざけやがって。結局、1週間以上経ってようやく届いたのだが、以降の対応によっては『非常に悪い』と評価してやるつもりでいた。

■ 10年目のヘッドユニット

2020.02.15

2010年から使ってるパイオニアのヘッドユニットDEH-P01だが、とうとう不具合が生じてきた。一月ほど前から液晶表示の特定箇所に縦線が入るようになってきた。普段は別に構わないのだが、セッティングモードとかで判読に支障を来してくると問題かな。一応修理に関しパイオニアにメールで問い合わせを掛けてみた。回答待ち。このヘッドユニットに関しては10年選手だが、a/d/s/のアンプ&SPユニットに至っては19年も酷使している。にも関わらず未だ不具合なく現役。さすがmade in USA、タフだわ。

■ グリス漏れ&オイル漏れ

2020.02.02

清掃を兼ねてエンジンルームのチェック。以前指摘されたPCVバルブからのオイル漏れはなさそうだ。しかし、オイルキャッチタンクの真下がオイル跡ベットリ。タンクのドレンボルトを触っても漏れの形跡はない。周辺を確認するもコレと言って漏れが発生してる感じはなし。なんだコレは。取り敢えずパーツクリーナーを噴いて拭き取り、要観察とする。そして気になるドラシャブーツからのグリス漏れをチェック。ライトを照らして覗き込んでみるとグリスの飛散跡が・・・やっぱりブーツ交換ではダメだったようだ。残念・・・


主治医さんに連絡を取り、覚悟を決めて三菱ディーラーへ。早速状況を確認すべくピットへと運ばれて行くぎゃらん君。店内で待機してると主治医さんから呼び出しがあり、リフトアップされたぎゃらん君の元へ。二人腹下に潜り込み説明を受ける。ドラシャブーツからのグリス漏れはドラシャassyでの交換が望ましいとの事。やはりドラシャ自体に摩耗があるようだ。それについては腹をくくっていたが、それとは別にエンジンオイルの漏れを指摘された。腹下から観察するとあちこちにオイルが垂れた形跡があるではないか。オイルキャッチタンク直下のアレがソレだったのか。オイル跡が複数箇所に渡ってる為、現状では漏れ箇所を特定する事は出来ないらしいが、タイミングベルト周辺が怪しいとの事。取り敢えずスチーム洗浄でリセットを掛けてくれ、暫く走ってみて場所を特定しましょうとの事だ。タイベル回りなら金額はそれなりに覚悟してください、、、と言われてしまった。まぁ早期発見が不幸中の幸い。年代車の定期的な下回り検査は欠かせない。それにしてもだ、ドラシャassy交換は決定やし、、、参った!せめてドラシャはリビルトが出ると良いのだが。

■ 猫対策

2020.02.01

ぎゃらん君のボンネットを着地台にしてやがった!足跡やらすべった跡やら、ボンネットがエライことになってた。近所を徘徊してる三毛の野良猫の仕業だ。今まで被害はなく安心していたのだが・・・本日の予定を急遽中止し、物理的に対策を施すべくダイソーに直行。駐車場に隣接する塀に対策を施してやった。

■ リアウォッシャーが出ない

2020.01.29

撥水タイプのウォッシャー液を使い切ってしまったので改めて購入。それを機に、リアのウォッシャー液が一滴たりとも出なくなってしまった。スイッチを何度捻っても噴射せず。耳を澄ますとタンクの方からポンプの動作音は聞こえてくる。だが、フロントに比べると音はかなり小さい。ヘタってしまったのか。取り敢えずポンプの値段を聞きにディーラーに行こうと思ったが運悪く定休日。発覚して以来ずっと雨続きで何も出来なかった。今日はチャンス、雨は降ってない。ウォッシャーノズルに針を通してみた。おもくそ出てきよった!詰まってただけなのか・・・危ない危ない、ディーラー行ってたら恥をかく所だった。20年以上乗っててリアが詰まったのは初めてだ。

■ 奈良県をドライブ

2020.01.25

天気予報が雨→晴れ/曇りに変わったんでドライブに出掛ける事にした。
柿の葉すしが食べたい。
出発前に軽くエンジンルームをチェック。
ウォッシャー液が底を突きそうだったんで補充してやった。
吉野を過ぎ、黒滝のよく行く柿の葉すし屋さんへと。
この時期やっぱり休業していた・・・残念
仕方なく少し先の道の駅で販売してた柿の葉すしを買って寒空の下ベンチで食べた。
その後R370を北上し『かえでの郷ひらら』そして周辺散策で宇陀水分神社をふらりと訪れた。
そこから県道218号線で御杖〜曽爾高原。
米粉パンを買い食い。
時刻もほどよく夕刻となり、友人宅での宴へと向かった。
久しぶりに丸一日ドライブ三昧。
セルモーター、キー抜き忘れ警告ブザー、本日も絶好調。

■ ドアスイッチ?なのか?<その2>

2020.01.16

昨年12/21のブログの続きである。あれからカーテシランプレスで様子を見ていたが、不具合は再現せず警告ブザーは100%正常動作。では、ドアSWの接触不良的な現象は?なんか腑に落ちないが、原因はやっぱり過電流をETACSが認識しない、、、なのかな。取り外したLEDバルブはテスター実測値で120mA/12v⇒1.44w。

カーテシランプレスで様子を見つつ、同時に極力消費電力の低いLEDバルブを物色してたら、ebayで0.3w品が2個セットで出品されていた。適当に入札してたら3人での競り合いとなり22円(送料込み)で落札してしまった。到着したLEDバルブを早速装着。0.3wにしては意外と明るい。そして様子を見ること一週間以上。不具合は再現せず警告ブザーは正常動作。やはり電流値に左右されるのか。

■ セル回らない問題 その後

2020.01.11

昨年末に対策を施した『セル回らない問題』だが、その後空振りは一切なくいつでも完全始動。トラブル発生から苦節5年、ようやくクルマとして当然の機能を取り戻せた。セルモーターを換え、インヒビターSWを換え、リモスタも買い換え、、、結果として原因究明に多大な費用と時間を費やしてしまった。症状は徐々に悪化し、そして今後の対応を模索。配線図集を読み返し、不具合発生のメカニズムを探り、やっとの事で真の原因に辿り着き対策を施す事が出来た。そして今、普通にエンジンが掛かる喜びと満足感を味わっている。

■ 新年会

2020.01.04

三菱ディーラーも今日から営業開始。ATF交換のため朝一でディーラーへと。主治医さんと年始の挨拶を交わし、ぎゃらん君を預けた。今回はATFフィルターも併せて交換。テーブルで待ってると主治医さんから呼び出し。リフトアップされたぎゃらん君の元へと連れて行かれた。何やらヤな予感。そして、

タイロッドの僅かなガタ、エンジンオイル漏れを指摘された。タイロッドは要観察レベル。そしてオイル漏れの原因はPCVバルブからである事が判明。ホースの緩みも確認されたので、増し締めにてこちらも要観察である。ドラシャも怪しいので今年は修理代が結構掛かりそうだ。全てが要観察、、、スッキリしないが致し方なし。今年も何卒よろしくです!って事で福袋を貰ってディーラーを後にした。さてさて、今日はいつものギャラン仲間で新年会だ。そろそろ出動するかな。

.

.
..